HOME>トピックス>足場を組む準備が必要

自分で撤去できる場合はしておこう

女性作業員

東京で庭つきの一戸建てに住んでいるという人が、専門業者に「外壁塗装」を依頼する場合、事前に準備しておきたいことがあります。庭があるご家庭の場合プランターなどをおいて草花を楽しんだり、庭に道具箱などを置いて保管しているケースも少なくありません。もし、このようなものがある場合は施工を行う前に、自分で撤去できるものは外壁の周囲から離しておきましょう。外壁塗装を行う場合、外壁を囲むようにして足場を組む必要があるので、プランターなどがあると作業の邪魔になってしまうためです。ただし、高齢で自分で動かすのが難しいなどというケースだと、場合は専門業者が邪魔にならない場所へと移動してくれます。

場合によって隣家の敷地内に入ることがある

田舎とは違い東京はご近所さんとのお付き合いが希薄と言われていますが、外壁塗装を行う場合は前もってお隣さんに声をかけるようにしましょう。外壁塗装を行う場合、外壁の高い部分にも作業を行うため足場を組む必要があるのですが、場合によって隣家の敷地内に入らなければ足場を組むことができないケースがあるためです。職人さんも無断で隣の家の敷地内に入って作業することはできないため、前もってお隣さんの許可をもらっておく必要があります。一声かけておくだけで足場を組むときや塗料を塗る際も、職人さんが作業しやすい環境を作ることができるのです。

広告募集中